温泉のご案内

開湯1400年「辰口温泉」

その昔、手取川には荒々しい龍が住んでおりました。
荒々しい龍が暴れるたびに川は大氾濫・・・
そんな言い伝えのある辰口温泉。
その歴史は古く、1400年前にもさかのぼり、すでに養老年間(717?724年)には村人たちが、傷ついた馬の脚を温泉で癒した、と伝えられています。
時は移り、応永年間(1394~1428年)には、洪水で没したため復旧の試みが幾度もなされました。
ちなみに上杉謙信軍と織田信長軍が戦った「手取川の戦い」は約150年後の天正5年(1577年)にこの地で起こった出来事です。
そして江戸時代末期である天保7年(1836年)に来丸村の源助が温泉を掘りあてたのです。

その当時の温泉運上金(税金)の記録によると、温泉宿6軒の名前が記載されており、明治35年(1902年)頃には10軒もの温泉宿で賑わったそうです。
そんな辰口温泉の名をあらわすかのように、龍の口から泉が湧き出している当館の露天風呂。
この伝説は「たがわ龍泉閣」の名前の由来にもなっています。
今や手取川の氾濫もほぼ治まっているのは、温泉で龍がほっこりと一休みしているせいかもしれません。
思わず龍もほころぶ170年もの伝統の湯。
雄大な大自然に囲まれた景観とともに、心ゆくまでご堪能くださいませ。

たんぼの湯のご紹介

金沢から南西に15キロ、南に白山を望む田んぼの中に六つの露天の湯。
これが田んぼの真ん中から湧き出た源泉、当旅館自慢の「田んぼの湯」です。
春には早苗がそよ風になびき、夏には新緑がまばゆく、秋の夕べには刈田の赤とんぼ。冬には湯煙がただよう雪景色など、四季折々の山里の風景をお楽しみいただけます。
のどかな田園に囲まれた露天風呂からの眺めは、都会はもちろんのこと、他の温泉に無い大自然の癒しをたっぷりと満喫させてくれます。
星々に抱かれたロマンティックな夜空には、縁結びの効能もあるとか。
ご夫婦で、カップルで、グループで、極上の贅沢をお愉しみいただけます。
●混浴露天風呂「田んぼの湯」
入浴時間:15:00~22:00
●田んぼの湯は男女混浴ですが、ご入浴用の浴衣をお貸しいたします。
●成分と効能
含食塩芒硝泉。慢性皮膚炎・消化器疾患・神経系統疾患・泌尿器疾患など


雲見の湯


大の字湯&立ち湯


大の字湯&立ち湯


日暮らしの湯


かじかの湯


源助の湯

吉祥亭特別室

情緒あふれる庭園の四季を眺めながら、野鳥のさえずりに耳を傾けて、旅の疲れをほぐすひととき。
延命の湯で温泉の効能に浸り、白寿の湯を気ままに愉しむ。たっぷりとまろやかな湯をご堪能ください。
大浴場からは田んぼの湯に通り抜けることができます。
●サウナ付大浴場「天狗浴殿」(殿の湯 /姫の湯)
ご入浴時間/5:00 ~ 24:00
●成分と効能
含食塩芒硝泉。慢性皮膚炎・消化器疾患
神経系統疾患・泌尿器疾患など

吉祥亭特別室
天狗浴殿

脱衣所
脱衣所

「田んぼの湯」への入り口
「田んぼの湯」への入り口

貸切風呂

桧の香りも新しく漂う「延命の湯」。 日本庭園を眺めながらお楽しみください。
●貸切風呂「延命の湯」
ご入浴時間/5:00 ~ 24:00

貸切50分間:¥3,240

当日フロントにて予約制となります。
※タオルサービスもございます。
●成分と効能
含食塩芒硝泉。慢性皮膚炎・消化器疾患
神経系統疾患・泌尿器疾患など

延命の湯
延命の湯

延命の湯
延命の湯

内湯

桧の香りも新しく漂う「白寿の湯」。 日本庭園を眺めながらお楽しみください。
●ご入浴時間
5:00 ~ 24:00
※タオルサービスもございます。
●成分と効能
含食塩芒硝泉。慢性皮膚炎・消化器疾患
神経系統疾患・泌尿器疾患など

白寿の湯
白寿の湯

白寿の湯
白寿の湯

たんぼの湯のご紹介

温泉:辰口温泉

泉質:塩化物泉

効能:神経痛リュウマチ/外傷骨折火傷/痔/婦人病/病後回復ストレス解消/運動機能障害/関節痛/筋肉痛/五十肩/消化器/神経痛/創傷/打ち身/動脈硬化/冷え性など